広島市民病院

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
TEL:082-221-2291 FAX:082-223-5514
トップページ当院の初期臨床研修、後期臨床研修 > 後期臨床研修 研修プログラム

後期臨床研修 研修プログラム

皮膚科

概要

主任部長 戸井 洋一郎  (とい よういちろう)
医師数 常勤 2名
病床数 4床
外来患者数 43.8名/日(平成25年度)
検査数 皮膚病理組織検査 約300例、ダーモスコピー検査 約200例
手術 皮膚良性・悪性腫瘍手術 約200例

皮膚科コース

研修目標

皮膚科医としての基礎的な知識、経験を修得し、皮膚科専門医の資格取得を目標とする。 そのために、皮膚科医として必要な内科、外科、救急、形成外科、病理学的な知識、経験、技術を修得し、指導的立場の皮膚科専門医となるための基礎を身に付ける。

研修内容

1年目

皮膚科主要疾患の診断、検査、治療手技・知識を習得するとともに、皮膚疾患を含めたプライマリ・ケアの実際を身につける。

4月‐6月 7月‐9月 10月‐12月 1月‐3月
オリエンテーション・皮膚科 皮膚科

2年目

稀少・難治性疾患を含む皮膚疾患全般の診断、治療をおこないつつ、より専門的に深く掘り下げた 分野別研修による専門的知識・技術を目指す。

4月‐6月 7月‐9月 10月‐12月 1月‐3月
皮膚科(アレルギー) 皮膚科(皮膚外科) 皮膚科(病理) 皮膚科(膠原病)

3年目

専門的知識をもとに他科からの相談への対応、研修医の指導、学会・論文発表、各種手術の術者をおこなうことで知識、技術の整理、確認をおこない専門医試験に備える。

4月‐6月 7月‐9月 10月‐12月 1月‐3月
皮膚科

習得できる専門医資格

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
(ただし受験資格に日本皮膚科学会在籍5年以上必要など)