広島市民病院

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
TEL:082-221-2291 FAX:082-223-5514
トップページ当院の初期臨床研修、後期臨床研修 > 後期臨床研修 研修プログラム

後期臨床研修 研修プログラム

耳鼻咽喉科領域(耳鼻咽喉科/頭頸部外科)

耳鼻咽喉科領域(耳鼻咽喉科/頭頸部外科)領域における専門研修について

専門研修プログラムについて

詳細は、専門研修プログラムをご覧下さい。
なお、当該専門研修プログラムは、一次審査を通過したものであり 、二次審査を踏まえて 修正・変更がありうることをご承知おきください。

募集スケジュール

※ 「募集要項」の「提出期限」「選考の日時」をご覧ください。⇒ こちら

耳鼻咽喉科領域(耳鼻咽喉科/頭頸部外科)の紹介

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

主任部長 井口 郁雄  (いのくち いくお)
医師数 常勤 5名
病床数 23床
外来患者数 90.0名/日(平成25年度)
手術 年間手術数:約1100件(外来450件・入院650件)
耳科手術 180件 (鼓室形成術 98件、人工内耳手術 2件)
鼻科手術 160件 (内視鏡科副鼻腔手術 105件)
咽頭喉頭口腔手術 220件 (口蓋扁桃摘出術 60件)
頚部手術 140件
再建手術 12件
悪性腫瘍治療数 135件/年
診療科ホームページ 耳鼻咽喉科・頭頸部外科ホームページ

(参考)これまでの研修プログラム

研修目標

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は、中耳・喉頭のマイクロ手術、頭頸部腫瘍手術などの外科系領域から、感染性、めまい、アレルギー性疾患などの内科系領域まで多くの分野があり、検査から治療まで一貫した患者管理を行う。
当科の特徴である外科系領域、すなわち、中耳マイクロ手術、鼻副鼻腔の内視鏡手術、口腔・喉頭手術、頭頸部腫瘍手術の技術修得を目指す。当院は癌診療拠点病院であり、当科でも頭頸部腫瘍の症例は豊富で、通常の手術のみならず、形成外科などの他科と協力した再建手術、化学療法、放射線治療なども経験することで、集学的に頭頸部腫瘍症例を診療する能力を養う。
また、当院はER型の救急科から加療依頼例も多数みられ、当科領域の至急に加療を必要とする疾患の診断、処置、投薬、手術、などの能力を修得する。
これらの疾患の治療経験を積むことによって、耳鼻咽喉科学会専門医の資格を修得する。
耳鼻咽喉科のカバーする領域は非常に広範であり、研修終了時には、それぞれの興味・適正に合わせて各領域のスペシャリストとなるための基礎を修得する。

研修内容

現在、1年間の手術室で行っている手術件数は約650件で、外来で行っている手術を含めると年間手術件数は1100件を超える。さらに、ER型救急科の後方支援を行っており、ER関係の救急車を年間100件以上、入院を60件程度受け入れており非常に忙しい診療科である。 また、院外からの年間患者紹介数は1300件を超え、耳鼻科だけでなく、内科、小児科などの他科からの紹介が多いことも特徴である。
上記のように、内科的領域から外科的領域まで多く集まってくる症例を15年以上の臨床経験をもつ3人の医師を中心にそれぞれが協力しながら治療を行っている。
学会、研究活動は、院内・院外のカンファレンスに積極的に参加し、1年次には症例報告、2年次には論文作成、3年次には臨床研究発表および論文作成を行う。

研修プログラム例

1年目

耳鏡、鼻鏡、喉頭鏡、鼻咽喉ファイバースコープを用いて、当科領域の特徴である視診、触診で詳細な所見が取れ診断が出来るようにする。聴力検査、平衡機能検査、嗅覚検査などの耳鼻咽喉科機能検査を理解し行える。
耳鼻咽喉科初期救急(急性中耳炎、鼻出血、咽頭異物等)の診断ができ、加療が行える。口蓋扁桃摘出術、アデノイド切除術、先天性耳瘻孔摘出術、喉頭微細手術(声帯ポリープ、喉頭腫瘍生検)、鼻中隔矯正術の手術適応を理解し、独立して行える。指導医の元に頸部エコーガイド下生検が行える。

2年目

1年次の内容を継続する。加えて、耳鼻咽喉科外来患者の診断と基本的治療方針が独立して立てられる。また中等症までの急性、慢性疾患に対し独立して治療が行える。
補聴器に対して講習を受け理解でき、人工内耳のリハビリが行える。頭頸部悪性疾患患者を指導医の元に主治医として診察対応できる。エコーガイド下にPEITが行える。内視鏡下副鼻腔手術、いびきに対する軟口蓋形成術、気管切開術の手術適応を理解し、独立して行える。

3年目

1年次、2年次に加えて、深頸部膿瘍などの重症な急性炎症に主治医として治療が行える。1、2年目の手技をより難易度の 高い患者に対し行える。鼓膜接着法による鼓膜形成術、舌部分切除術、唾液腺摘出術、甲状腺摘出術、頸部郭清術の手術適応を理解し、独立して行える。

習得できる専門医資格

日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本頭頚部外科学会頭頚部がん認定専門医