広島市民病院

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
TEL:082-221-2291 FAX:082-223-5514
トップページ当院の初期臨床研修、後期臨床研修 > 後期臨床研修 研修プログラム

後期臨床研修 研修プログラム

呼吸器内科

概要

部長 金原 正志 (かねはら まさし)
医師数 常勤 2名 ・ 非常勤 2名
腫瘍内科 常勤 1名
病床数 37床
外来患者数 60.0名/日(平成25年度)
症例数 肺癌 40例 ・ 肺炎 70例 ・ COPD15例 ・ 呼吸不全 15例
喘息 20例 ・ 間質性肺炎15例 ・ 結核その他25例
気管支鏡 200例 ・ ステント治療 3例

呼吸器内科コース

研修目標

臨床内科医のとしての知識、経験、技術を習得し、まず内科認定医の資格取得を第一段階の目標とする。
それと平行して、呼吸器内科専門医を目指して研鑽に励み、経験を重ねてゆく。

研修内容

1年目

4月‐6月 7月‐9月 10月‐12月 1月‐3月
3ヶ月間、どこかで救急科に配属、その他の期間は呼吸器科

2年目・3年目

4月‐6月 7月‐9月 10月‐12月 1月‐3月
原則的に呼吸器科だが、内科認定医の習得のため、内科、循環器内科、脳神経内科、リウマチ膠原病科などを平行して研修することは可能

習得できる専門医資格

内科学会認定医・専門医
呼吸器学会専門医
呼吸器内視鏡学会専門医
臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医