広島市民病院代表電話番号

後期臨床研修 研修プログラム

救急科領域(救急科)

救急科領域における専門研修について

研修目標

すべての科の救急初期診療ができる救急医(ERフィジジャン)養成をめざす。

研修内容

1.救急外来(ER)での救急初期診療を行う。(外来診療)
2.救急初期診療に必要な関連各部門 (救命救急センター、集中治療室、麻酔科等)でのローテート研修を行う。(重症患者の入院治療)
3.日本救急医学会専門医取得に必要な手技、症例が経験できるよう関連各科の治療に参加する。
4.当院では、経験することが少ない疾患群に関して、周辺医療機関において研修を行う。

研修プログラム

広島市立広島市民病院救急科研修プログラム

習得できる専門医資格

日本救急医学会専門医取得を目指す。
日本救急医学会専門医の申請資格は、
1.5年以上日本救急医学会会員であること。(外来診療)
2.5年以上の臨床経験を有すること。
3.専門医指定施設またはこれに準じる救急医療施設において、救急部門の専従医として3年以上の臨床修練を行った者
  であること。または、それと同等の学識、技術を習得した者であること。
とあります。当院は、専門医指定施設に準じる救急医療施設です。
ここで3年の研修を行うことにより救急医としての専従歴3年を得ることが可能です。
専門医の申請には、さらに症例、手技の経験数が決められていますので、それらの症例、手技が経験可能なように、研修プログラムを組んでいます。

募集スケジュール

※ 「募集要項」の「提出期限」「選考の日時」をご覧ください。⇒ こちら

救急科領域診療科(救急科)の紹介

救急科

責任者 内藤 博司  (ないとう ひろし)
(救急科 主任部長)
診療科ホームページ 救急科ホームページ

730-8518 広島市中区基町7番33号


TEL:082-221-2291 FAX:082-223-5514

© 2015 Hiroshima City Hiroshima Citizens Hoapital ALL RIGHTS RESERVED.