広島市民病院

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
TEL:082-221-2291 FAX:082-223-5514
トップページ病院紹介 > 病院長挨拶

病院長挨拶

病院外観

病院長挨拶

病院長 秀 道広の写真

広島市民病院は、昭和27年8月、まだ原爆の爪痕があちこちに残る広島に、都市の復興と人々の健康への期待を受けて設立されました。私はその5年後にこの病院で産声を上げ、市内の公立小学校、中学校を経て広島大学附属高校、医学部を卒業し、医師になりました。その後広島大学付属病院で皮膚科医として訓練を受け、米国、英国、尾道で研究と臨床の経験を経て広島に戻りました。広島大学では平成13年より皮膚科教授を務め、令和3年4月1日、広島市民病院病院長を拝命致しました。

当院は、広島市の交通の要衝としての立地条件と県内最大の病床数に恵まれ、また幾度かの増改築と組織改革を経て、平成26(2014)年には地方独立行政法人となって現在に至ります。この間、地域がん診療連携病院、総合周産期母子医療センター、地域医療支援病院に指定され、「患者さんと協働して、心のこもった、安全で質の高い医療を行う」ことを基本理念に、広島市民および広島を訪れる人々の命と健康を担う中核的病院となりました。

 中でも救急医療ではわが国でもいち早く北米型の救急外来(ER)を取り入れ、重症から軽症の様々な患者さんの受け入れの他、心疾患、脳外科、周産期医療、乳腺外科などでも特に大きな役割を担って来ました。医師、看護師、ならびに各種医療職の育成、生涯教育もまた当院の大きな役割です。しかし、医療技術の高度化と人口の減少・高齢化が進む中、各医療機関に求められる役割は大きく変化しつつあります。特に令和元(2019)年末に始まった新型コロナウイルス感染症の拡大は、当院を含む広島の医療体制に大きな変化を求めています。

 一方、現在わが国で推進されている働き方改革の中で、医師は暫定的に例外措置を受けていますが、2024年4月には他の職種同様の勤務時間制限を受けることになります。

これらの社会の変化の中にあって、当院は、これまで通り、あるいはそれ以上に難易度の高い高度医療、総合医療の担い手であり続けるとともに、今後いっそう他の医療機関との連携を密にし、広島市、広島県および近隣地域の病院群の中で役割を担うことを目指しています。そしてこれらの医療を、病院で働くすべての職員はもとより、ぜひ病院を訪れる患者さんやご家族、およびその周囲の人達とともに作り上げていきたいと思います。

 当院を訪れるすべての患者、ご家族の皆さん、また関係する皆さんに、今できる最善の医療を実現するため、私達はあらゆる努力を惜しまず、新しい可能性に挑戦する決意です。世界の誰もが知っている広島で、人々のいのちと健康を守る広島市民病院を、どうぞ宜しくお願いします。

令和3年4月18日
地方独立行政法人広島市立病院機構広島市立広島市民病院
病院長   秀 道広