広島市民病院

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
TEL:082-221-2291 FAX:082-223-5514
トップページ当院の初期臨床研修、後期臨床研修 > 後期臨床研修 研修プログラム

後期臨床研修 研修プログラム

産婦人科領域(産科/婦人科)

産婦人科領域(産科/婦人科)領域における専門研修について

専門研修プログラムについて

詳細は、専門研修プログラムをご覧下さい。
なお、当該専門研修プログラムは、一次審査を通過したものであり 、二次審査を踏まえて 修正・変更がありうることをご承知おきください

募集スケジュール

※ 「募集要項」の「提出期限」「選考の日時」をご覧ください。⇒ こちら

産婦人科領域(産科/婦人科)の紹介

産科・婦人科

主任部長 児玉 順一(産科 部長 ・ 総合周産期母子医療センター センター長)
石田 理(産科 主任部長)
野間 純(婦人科 主任部長)
医師数 常勤 8名 後期研修医 4名
病床数 71床
外来患者数 136.5名/日
手術 後期研修医1名の受け持ち症例数 約400例
分娩 約300例 ・ 帝王切開 約100例
腹部超音波検査 約500例 ・ 癌化学療法 約20例
内視鏡下手術 約50例 ・ 開腹手術 約100例
診療科ホームページ 産科・婦人科ホームページ

(参考)これまでの研修プログラム

研修目標

産婦人科医としての基礎的な知識、経験、技術を修得し、産婦人科指導医の資格を取得する。

研修内容

1年目

4月‐6月 7月‐9月 10月‐12月 1月‐3月
産科・周産期
内視鏡・腫瘍
救急科 産科・周産期
内視鏡・腫瘍

2年目・3年目

4月‐6月 7月‐9月 10月‐12月 1月‐3月
産科・周産期
内視鏡・腫瘍

習得できる専門医資格

産科婦人科学会専門医
婦人科腫瘍学会専門医
周産期・新生児学会専門医(産科)
母体保護法指定医
内視鏡学会専門医(婦人科)
日本がん治療認定医