広島市民病院代表電話番号

後期臨床研修 研修プログラム

精神科領域(精神科)

精神科領域(精神科)領域における専門研修について

専門研修プログラムについて

詳細は、広島市民病精神科専門研修プログラムをご覧下さい。
(なお、プログラムが申請中につき、現時点では表示できない場合があります。)

募集スケジュール

※ 「募集要項」の「提出期限」「選考の日時」をご覧ください。⇒ こちら

精神科領域(精神科)領域の紹介

精神科

主任部長 和田 健  (わだ けん)
医師数 常勤 4名 非常勤 1名
病床数 28床 開放病棟
外来患者数 52.8名/日(平成25年度)
初診患者数 731名/年
入院患者数 301名/年
平均在院日数(精神科病棟) 32.3日
(平成25年度のデータ)
診療科ホームページ 精神科ホームページ

(参考)これまでの研修プログラム

研修目標

有床総合病院精神科としての特性を生かし、外来及び入院診療、コンサルテーション・リエゾン活動などを幅広く経験する。 一般医療の中で精神科の独自性を意識しつつ、他科の医師やスタッフと良好な連携をとりながら機能できる能力を身につける。 身体的特に神経学的な評価がきちんと行え、器質性精神障害を見逃さない、心だけでなく脳も診ることのできる精神科医を目指す。

研修内容

研修診療体制

入院患者については指導医と共同で診療にあたる。外来患者については指導を受けながら単独で初診、再診、院内紹介患者の診療にあたる。初診患者は非常にバラエティに富んでいる。毎日入退院患者についてのカンファレンスを行い、疑問点などを解決しながら学んでゆく。

救急診療

精神科救急システムには合併症医療への協力施設として参加している。当院で は24時間稼動の救急部があり、一般救急の中でパニック発作や自殺企図関連の患者などへ適切な対応を学ぶ。

宿日直

オンコール体制で救急外来、救命救急センターからの呼び出しなどに対応する。

研究活動

日本精神神経学会、日本総合病院精神医学会、日本臨床精神神経薬理学会などに演題発表を行い、論文投稿なども積極的に行う。

習得できる専門医資格

日本精神神経学会、日本総合病院精神医学会、日本臨床精神神経薬理学会の研修施設に認定されている。
当院の入院病床は開放病床のみであり、閉鎖処遇を要する患者の入院治療は基本的にできないため、当科の研修のみでは精神保健指定医や日本精神神経学会の専門医を取得することができない。
従って当科で研修した後には、責任を持って必要な症例が経験できる単科精神病院を紹介する。
慈圭病院(岡山県岡山市)
三原病院(広島県三原市)
希望ヶ丘ホスピタル(岡山県津山市)
など

730-8518 広島市中区基町7番33号


TEL:082-221-2291 FAX:082-223-5514

© 2015 Hiroshima City Hiroshima Citizens Hoapital ALL RIGHTS RESERVED.